★2019年4月7日(日)の簡易議事録+追加加筆★

スタッフ・ミーティング

■奉仕のシフトについて
和子さん、義也さんの奉仕が一日にいくつも重なることがあるようです。
普通の奉仕のシフトは一人1日1個になるようにしていますが、CSは別にシフトを組んでいるので重なってしまうことがあるようです。
いくつも重なるような場合には、たとえばその日はコーラスで入っているが、なしにする、あるいは別の人と代わるというように出来ると思います。

第4週の日曜の午後にユース集会が入っています。
その日の賛美リードが義也さんなので、どうしても重なりがちです。それで義也さんの賛美リードの日を動かすか、ユースの日を動かすことにします。 いくつかのパターンを研究して、最良の日を選びたいと思います。

■昇さんのスタッフからの引退
昇さんは、20年以上の間スタッフとして教会で忠実に奉仕をしてくださいました。
機材の運搬と会場のセッティングなど奉仕としての多くの事柄は引き続きしていただきますが、スタッフとしての立場は引退して後進のものに譲ることを希望しております。
これまでの働きに本当に感謝いたします。
とりあえず、スタッフミーティングはお休みいただいて、どういう形で引退していくか、その後の名誉的なタイトルのようなものがあるかどうかを考えていきたいと思います。
さしあたって、会場の予約の働きの後継者やその引継ぎを考えていきたいと思います

■教会の雰囲気
最近多くの人たちが教会の雰囲気が良い居心地が良いと感じているというコメントを聞いています。
そのことについて本当に神様に感謝しますが、そのような雰囲気は意識して保つ必要があります。
全ての人が愛されて受け入れられていると感じる必要があります。

たとえば、アルマ先生のキッズセルで参加しない子どもがいたとしてもそれによって肩身が狭く感じさせるようなことがあってはなりません。
アルマ先生には感謝していますが、信仰継承の長いレースの中ではそれは本の一部分のことです。
今の年齢で、子どもが聖書を読むとか祈るとか訓練を受けたからと言ってそれが全てではありません。

これはキッズセルに限ったことではありませんが、奉仕やその他の事柄についてもそうですが、まず、愛と受け入れの中で、癒しや解放や飢え渇きが与えられてそれによってなされていかねばなりません。

教会は楽しく心が安らげる場所であるというのが一番です。特に子どもはそうです。


■建物のための積み立てについて
前回、毎月5万円ずつ積み立てるという話にしましたが、3月は教会に来られていない方から10万円以上の献金があったことから、70万円以上の収入になりました。
そういった際の積み立てをどうするか?
→ 基本的に毎月5万円の積み立てをして、50万円を超えた場合は、10%を積み立てる。

■CSの予算。
CSの為にあまりお金が使われていないようです。ミニストリーで使ったお金は教会がカバーしますので遠慮なく請求してください。

→ 予算があるならメビックセミナーに幾人かを参加させてはいかがだろうか?
一人当たり1.4万円ぐらいかかります。

■フォローアップの基礎の学び
今している基礎の学びとは別に英恵さんを中心に初心者のフォローアップのための基礎の学びを元にした交わり的なものを企画しています。
教会のメンバーがビジョンをつかんでミニストリーを実行することは喜ばしいことだと思います。
4月以降で、対象者がいるなら、裕子さんなどの数人のメンバーでそれを行います。
もし、一般の基礎の学び初級編と日程が重なる場合は、二つ同時に開催されることになると思います。その際は一般の基礎の学びへの参加者の数は減ると思いますが、人が増えているので何とかなると思います。

■ リソースを動かして、便宜をはかること
メンバーとコミュニケーションする中で相手に必要があることを知ったけれど、あなたにその必要を満たすリソースがない場合・・・たとえば、送り迎えが必要だけど自分にはそれが出来ないというような場合であっても、他の人に動いていくことによって、その必要を満たすことも出来ます。

■機材のセッティング
今朝もミーティングで話したように、機材セッティングのための詳しい行程表を作っています。義也さん、ベトさん、仰太くんの3人にアンケートをとりました。しばらくは、彼らが何が出来るのかについて考えて、出来ない部分を学んでいきます。
それと平行して、その他の人たちも、できるだけのことを学んでいくことが望ましい。
何人かの人にさらに、チェックのアンケートに答えて、出来る作業の数を増やして欲しい。

■次回のスタッフによるメッセージの担当者:
スタッフが担当する次回のメッセージは4月21日です。順番では義也さんですが、CSの奉仕と重なっているようです。
→ めぐみさんと入れ替えました。

この日4月21日(日)は蘇りにのメッセージ+聖餐式。メッセージは短めに、聖餐式はメッセージの前にするか?

■メッセージを語るにあたって。
御言葉の意味を調べること
「ある別の訳の聖書ではこの部分はこうです。」という言い方をする場合、その訳が原語では何と書かれているのかを調べて欲しい。特に鍵となる御言葉の場合はそうです。

誰かから教えられた原語ではこうであるという教えは10年以上前ぐらいまでの教えは信用しないほうがよいです。ヘブライ語では~です。と言っている中には間違いも多いので。

外国語の聖書で他の聖書を参照する場合には、英語ではKJV(King James)、スペイン語ではReinaValeraを参照して欲しい。
これらはTR(テキスト・レセプトゥス)(ビザンチン型テキスト)と呼ばれる信頼できるギリシャ語の底本を用いているからです。

聖書には底本としてはその他にRV (改訂版Revised Version)(アレキサンドリア型テキスト)というものがありますが、これは信用できません。
残念ながら、日本語の主要な聖書は新改訳を含めて全てRVを底本にしています。
ただし、以前メッセージの前に説明したように、きちんとした信仰を持った人が読む文にはそれほど大きな誤りではありません。

■後から書いたつけたし■
TRのほうが正しいと思われる根拠は、RVを用いてNASV(新アメリカスタンダード)を翻訳したフランク・ログズドン博士が後に真実を知り、死ぬほど後悔しました。
彼は「NASVからKJVへ」(https://www.youtube.com/watch?v=wZBeIr1wKGY )という声明を出し、TRのほうが正しいことを表明しています。
このように学者生命をかけて真実を伝えようとする人の言葉は信用できると思います。

■ 次回のスタッフミーティング
5月5日(日)に開催。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
2019年3月3日(日)
スタッフ・ミーティング

機材セットアップマニュアル
教会の機材のセットアップと片付け方のマニュアルを作成しましたA4用紙で全4枚です。
(英語版は今のところセットアップのみ)

仰太君の合格発表は3月7日です。
合格のあかつきにはユースのための基礎の学びをしたい。
喜島家で平日の夜に開催よてい。

現在亮平君にパソコンを教えている。主にチラシ作りなどのDTP要員を育てるためです。
教会に必要がある場合、それができる人が教会に与えられるように願うことが多いでしょうが、それを育てていくことが大切です。

40歳を過ぎたら、もちろん何歳になっても活躍していただいてよいのですが、再生産していくことを考えましょう。

■会計
これまでのパターンは、毎月少しづつ目減りしていって、大きなお金が時折入って、持ち直すというパターンでした。しかし、最近の傾向は献金額が月に50万円前後あり、自然に上がってきています。
先月で長い赤字から脱却しました。

会計担当の引継ぎのために、裕子さんと会計を一緒にやっています。
建物の積み立てを毎月5万円づつしていきます。これは会衆からの会堂献金とは別枠で計算されます。

夏からの集会の場所
今年の7月から来年三月まで豊平区民センターが閉鎖されます。それで、集会ができる場所でしていくことになります。候補となっている場所は、
白石、南区民センター、市民活動プラザ星園(中央区)、平岸バプテスト、澄川集会場などです。
これらの内優先順位順に空いているところで集う予定です。

建物に関するビジョン
今のところ、建物を借りたり購入するあてはありません。
もしかしたらずっと公共の場所に集うこともありえます。しかし、その場合であっても拠点となる事務所的な場所、少人数なら集まれる場所があることはのぞましい。
ですから、いずれにしても、それに備えていくことは必要です。

具体的な目標があれば、教会のメンバーを(ささげることについて)効果的に励ましていけるのですが、当てもないのでそうしていません。建物を強く望んでいる人にとっては少し肩透かしかもしれませんが、今のところそうです。

それでも、それ以前は、「公共の場所で集い続ける、狭くなったら2部礼拝にし、そしてさらに成長したら別の区民センターを借りる」というビジョンについて話していましたが、今では、建物を買うか借りるかのオプションも平行して考え始めています。



YFN(ユースキャンプ)
今年のYFNには中学生のユースは来ませんが、ルーチョの長男と次男のホアンとモイセスが来る可能性があります。彼らは青年なので、引率者は必要ないのでピーターは来ない模様です。

スタッフであってももちろん集会を自由に休むことができます。ただし、不在の場合は教会のGoogleカレンダーに書き込んでください。
午後2時から4時の間だけいないとかも、時間を指定して書き込んでください。

これから、子ども、ユースを用いていきます。
小学生も分級にしたい。幼児と小学生の二つに分ける。
分ける年齢は小学校かどうか出なくてもいいです。すなわち、小学校3年生以上とかでもかましません。
逆に、小学校4年生から中学校までとかの分け方も可能かもしれません。

◆今後の予定
3月24日(日)~30日(土)断食週
3月31日(日)ユースで食べに行く日
4月7日(日)礼拝の中で新入学生を祝福する日
4月20日(土)ユースの歓迎会。at 澄川団地集会場
5月5日(日) ゲストスピーカー 池原 仰一師
6月9日(日)ゲストスピーカー 久保田文吾

次回のSM(スタッフミーティングは)4月7日です。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

★2019年2月3日(日)の簡易議事録+追加加筆★

新しいメーリングリストに移行する計画を持っていましたが、それでも受け取れない人が多数いるので移行は断念せざるを得ません。古いメーリングリストを使用し続けます。
届かない相手(志満裕子、三浦悟、赤井一貴、猪川宣恵)には個別に送信してください。

フォローアップ・チームとして以下の人たちが登録されています。
義也、みちる、昇、ベト、ふみ、裕子、しのぶ、美和子、カズ、英恵、賀子、愛、ひろみ、三浦悟、三浦優子、三浦志穂、キャッシー
彼らを単に午後の時間の接待係といいうより、ひとつのミニストリーチームとして建てあげていきたい。
①会話と交わり、②伝道、③カウンセリング、④基礎の学びを教える

先週雄介君のドラムデビューだった。とてもよかった。

義也さんのメキシコ行きの飛行機の切符は買いました。

YFN 浦田家の子どもたちは来ないが長男と次男のホアン君とモイセス君は来るかも、その場合はピーテル

■集会後~午後の交わり
周りの必要をよく見渡してください。
たとえば、日曜日、アルマ先生、留美子、好弘で食事をしていました。
そこに、リカルドとるみさんがやってきました。英語、スペイン語で話せるので、一見問題がなさそうですが、アルマ先生はプランニングをしたかったので留美子は対応できませんでした。
そこで裕子さんが来て下さり、るみさんと話をし、そこでるみさんはイエス様を受け入れたのです。

■ 基礎の学び
その日に救われたるみさんも基礎の学び初級編に参加したこともあり、
学びはかなりダイナミックになった模様です。るみさん自身も証をしておりました。

ここ10年を振り返って、うまく機能していないことがひとつあると感じています。
それは「基礎の学び」をユースが受けることができないでいたことです。

それで、ユースのための基礎の学びをするのがよいかと思いますが、日曜日の午後はこれ以上入れるのは難しいのであるなら、喜島家で平日の夜とかにするのはどうかと考えています。
2年以内に完了して、それを受けた人たちが、次に育ってくるユースを訓練できればと思います。

それは最初から始めますが、教会でしている基礎の学びも半分を過ぎているので、それにも参加するようにすれば、よりダイナミックな学びができるように思います。

■ユースのスモールミーティング
それとは別に、現在、小学生たちに牧師夫妻が毎月第3日曜日にしているように、インスピーレーションを与える時をもってはいかがかと思います。


カウンセラーを建て上げる
CSの分級 今の子どもたちとしてはその必要は強くは感じないが、新来者の場合必要だろう。

タイムスケジュール
6月まで毎月第二日曜日はイベント
偶数月はセミナー+スペシャルサンデー 奇数月はフェローシップランチ
断食週 3月24日(日)~30日(土)

■ 子どものクラスの分級
今のメンバーだけだったら、それほどの必要は感じないが、新しく小学校高学年の子どもが来た場合、大人のメッセージは少し厳しいだろう、それで、ラミークラスや教会全体の集会とは別に(午前の同じ時間に)大きな子どものための分級を持つのが望ましいだろう。

そのための案として、①小学校高学年から中学生までを一緒にする。②臨機応変に必要があるときだけそれを開催する。などという方法も考えられることでしょう。

■ 機材の片付けについて。
機材の片付けにもっと多くの人が関われるようにしたい。
解決策
1)子どもたちとユースを用いる。
2)賛美チームが礼拝直後に軽く片付ける

ユースが片付けに加わると子どもたちも付いていくでしょう。
特にエピセントロの卒業生を準スタッフ的な位置づけにして用いることはできないのか。

片付けのためのマニュアルを作る。

■ 午後の時間の使い方(楽器の練習や、語学の練習)
午後に機材を使うかどうかによって片付け具合も変わってきます。
いずれにしても、効率よく時間をすごすことができるように、
楽器や語学の練習をしていくようにしましょう。
そのために、アレンジしてプログラムするのがよいでしょう。

今のところの練習や学びをするのは
ドラム・・(義也) 亮平、勇介、理那
ベース・・(仰太) 亮平、威吹、理那
ピアノ・・(香穂、みちる、キャッシー、) 雪、彩稀
語学・・(ベト、留美子、香穂、理那、賛美) 荘太郎、あやめ、雪、義也、裕子、るみ

■賛美リーダーへ
今日の賛美はとてもよかった。
振り付けがある曲に対しては振り付けをしていきましょう。もちろん強制ではないが、体を動かすときに霊も解放されます。
朝の練習時から、子どもや大人たちを集めて、そのための練習をしていくと良い。
賛美リーダー自身も賛美の中で励ましを与えていきましょう。

■不在
威吹2月13日~3月20日までハワイと東京
杉浦家3月15日~20日まで東京に行く。
喜島家3月10日午後
スタッフが集会を休む場合は自由に休むことができますがただし、不在の場合はカレンダーに書き込んでください

次回のスタッフミーティング 3月3日


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


★1月6日(日)の簡易議事録+追加加筆★

今日の礼拝メッセージの後記。
私たちの結婚式の披露宴は土曜日の夜に終りました。そして翌日は日曜礼拝があり、妻はいつものように賛美と通訳の奉仕をしました。今の私たちからは考えられない奉仕のスタイルです。
私たちは喜んでそれをしていたし、大変だったという記憶もありません。ただ、その方法だと後継者は育ちにくいだろうと思います。
イベント教会というのはイベントを頻繁に行うかどうかだけでなく、そのライフスタイルでもある。

昨年から変化する事柄
7月から12月末まで豊平区民センターは改装の為に閉鎖されます。
集会場として使用する候補の場所は、白石区民センター、豊平地区センター(西岡)、南区民センターです。

春から区役所の日曜営業が始まるので駐車場が使いづらくなるという話がありましたが、今のところ、それは無いようです。

月ごとの計画
(1週)基礎の学び初級・早閉め・スタッフM
(2週)スペシャルサンデー
(3週)基礎の学び初級・岡田夫妻によるCS・スタッフがメッセージ(第三週に変更)
(4週)基礎の学び中級、ユースミーティング

スペシャルサンデー(SS)には内輪中心と、アウトリーチの一環で開催されるものの二種類があります。アウトリーチの一環の場合には多くは保護者の参加を想定したセミナーと併催されます。

セミナーとしては、今年は性のセミナーを中心にすえたいです。
1/13(日) 内輪のスペシャルサンデー(買い物ごっこ)
2/10(日) 義也さんが性の教え(子どもに性についてどのように伝えるか)+子どもたちが企画のSS
3/10(日) フェローシップランチ
4/14(日) サミが子どもとユースに性の教え。小学生もセミナーの対象なのでSSはラミーの為に企画
5/12(日) フェローシップランチ(理那の帰国歓迎)
6/9(日) セミナー+SS(内容は未定)
7月、8月はお休み、9月に再開、おそらくめぐみさんが性の教えをする。

ユースミーティングは第4日曜日だけど、さしあたって、1/27にユース礼拝を教会で行い、その後ココスで交わり。

その他のイベント。
YFN5月2日(木)~4日(土)
メキシコ行き7月19日(金)~7月30日(火)
アルマキャンプ 8月12日(月)~14日(水)
洗礼式9月1日(日)場所は、モラップキャンプ場が値上げしたこともあり、ポロピナイの無料の岸も検討中。ただし、場所の確保は難しいかもしれない。ただ、9月なら人は少しは少ないだろう。

クリスマスは白石か南区民センターで開催。開催週は予約が取れた日にするので 今からは特に定めない。


議事録は教会のメンバーに対して公開しています。それを通じて、教会に対する所有意識を一人ひとりが持てるようにするためです。

かねてから話していたように会計を記録する奉仕は裕子さんにお願いしていくことになります。とりあえず、毎週日曜日に教会で一緒に記録します。

メーリングリストは届かない人が多いのでサービスを変えるつもりです。


次回のスタッフミーティングは2月3日(日)です。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

★12月2日(日)の簡易議事録+追加加筆★

クリスマスの打ち合わせ
各担当者
@食事:みちるさん
@テーブル:裕子、英恵、賀子
@風船の飾りつけ:好弘、三浦悟
@受付:美和子 (夏海香さんなどにもお願いできるか?)
@音響のセッティング:義也、昇、ベト、カズ
@司会とイベント:ユースチーム
@音楽演奏と歌:ベト、ピーター、和子、留美子、花、など歌う担当の人から有志をつのる。
@ピニャータを担ぐ人:悟、義也、ベト、仰太など

食事は足りないでしょうから追加で購入いたします。

受付で配るもの
①トラクト、②プログラム(好弘作成)、③音楽CD(義也作成)、④名札のステッカー(裕子)

飾りつけ
①ひとつのアーチ、
② 4つの風船の柱を天井からつるします。
③ 入り口前(廊下側)の飾りつけはベト&フミさんの結婚式に使用した花を使う。
④ 舞台の高いところの表題は好弘が担当

配置
舞台を使用します。
テーブル類の並べ方は後日配置図を作ります。
更衣室を教会メンバーの荷物置き場とします。

スキット
2つのワイアレスヘッドセット、1つのタイピンワイアレスマイクが使えると思う。

プログラム
① 食事
② アイスブレーク(おそらくゲーム)
③ 歌
④ スキット(ユースによる、タイトル「罪の箱」)
⑤ メッセージ
⑥ 賛美の歌
⑦ ピニャータ
⑧ ティー&スイート



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
シフトや週ごとのパターンの確認と変更
第4週目はドラムに三浦勇介を入れる。

基本的な午後の使い方として・・・
第2日曜日がスペシャルサンデー
第4日曜日がユースミーティング

12月の日曜日のメッセージは
12 / 9 義也
12 /16 好弘
12 /23 留美子
12/ 30 好弘

来年からはアルマ先生を月に一度入れていく。
来年からはスタッフのメッセージを第3週目にする。(第2週目は小学生高学年がおらず大人だけがメッセージを聞くので、より専門的な話をすることが可能なので)

今後の展望
現在第2週以外は小学生高学年は大人と一緒にメッセージを聞いていますが、将来的に分級にしたいと思います。すなわち、日曜日のメッセージの時間に、ラミー、小学生、大人の3つのクラスをします。
そのために働き手を増やすためにも、ユースをその働きのために用いたい。たとえば、第4週目の午後はユースの集会なので午前中はユースがラミークラスを担当し、彼らの礼拝参加は午後のユースミーティングと位置づけるようにする。おそらく半年後に実現できるかも知れない。

さしあたって雪ちゃんがラミークラスを手伝う。

スペイン語礼拝復活を望んでいる人がいる。現在のグッドアワー教会の場所新しい建物が建築された折にはそこを使えそうだ。

日程等
12月30日(日)は年末に付き区民センターを使用できません。狭いですが澄川団地集会場を使用します。
1月6日(日)にスタッフミーティング。(基本的に第1日曜日はスタッフミーティングです。)

坂本夫妻はオリーブチャペルのお手伝いをするように招待を受けているので教会には来ていません。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
★11月4日(日)の簡易議事録+追加加筆★
この日初めてふみさんが参加されました。
11/11 スペシャルサンデー開催

ユースリーダとして新しく立てられた杉浦夫妻はよい働きをされています。
11月17日(土)にも杉浦宅で集まりがあります。

祈り会の担当は11/14は留美子と好弘、11/21は和子と留美子だが不在です。和子さんは来れると思いますので、賛美を担当していただきます。ギターは彼女が持参します。

アルマ師の友人のヘクトルさんが11/18にSCGの礼拝に参加
彼はアルマ師の働きのためのサポーターでもあります。歓迎しましょう。

宣教師のサポートとしてアルマ師へ月々1万円(9-12月まで先渡し)しております。
キッズセルグループは大盛況です。16人の子どもたちがあつまりました。
キッズセルは12月でおわりますが、4月から再開します。
キッズセルのための献金を参加している親たちができるように12月7日(最後のキッズセル)の日に献金箱を設置する。

来年のファミリーサマーキャンプは8月12日(月)~14日(水)を一応予約しています。ただし6部屋しか宿泊棟が借りれないので部屋数拡大を目指すか、日程変更をするために滝野に連絡し続ける予定です。

11月25日(日)の集会について
午前中は水谷潔先生による礼拝説教、午後は同氏によるセミナーを開催、主題は「性と命」的なもの。伝道もかねているので宣伝すること。
岡田夫妻は11月24日の夕方に帰宅しますが、翌日の日曜日は休息のためにセッティングには参加しません。
昇さんが9時35分にCFNJへ彼を迎えに行きます。
機材の運搬は三浦悟さんがしてくださいます。(ただし事前に運ぶ荷物などの打ち合わせが必要です。)

クリスマスの準備:
食事の采配はみちるさん、テーブル類は裕子さんなどの主婦たちが中心に、飾りつけは三浦悟と岡田が担当します。
食事を準備する量は100人分でよいと思います。参加目標人数は120人ですが、教会メンバーが食べる量で調節できるので。持ち寄りだけでなく教会で追加でチキンなどを購入するかどうかは検討中。
飾りつけは風船を中心に行いますが、ベトさんの結婚式に使用した花型の飾りがあるので、入り口付近の飾りつけに使えます。
看板の印刷はCFNJに依頼するか?
出し物としては何をするかは具体的には決まっていないが、メッセージにつなげるためのものや、食事から移行するためのアイスブレーク的なものが望ましい。

12月5日(日)はゲストスピーカーはシンガポール人のアウ師夫妻
次回のスタッフミーティングは12月5日(日)



LastUpdate: 2019/04/12 16:42
qr-code
ソーシャルブックマークにおすすめ PoolLink top
copyright (c) plsk.net