・回答2につきまして
 コード理論はポップス、ジャズ等の分析の手段というイメージが強かったため、難解な近現代クラシック楽曲も分析も可能であると知り驚きました。また、無調のとらえ方も変わりうるという点も納得しました。調性感があるからこそ、より明確に無調の位置づけが理解できるようになるのかもしれませんね。

 先生のお話を伺うと、コード理論を学習することでより音楽に対する視野が広がるのだと感じました。私は近現代の曲も好きなのですが、今までは「よくわからないけど良い」という状態でした。それを自分の頭で分析することができると思うと楽しみです。また、作曲する上で、そのように分析して得られたものを用いることができるということも考えるとワクワクします。先生のお話を伺うと、楽曲を分析する上でコード理論は強力な助けになるのだと思いました。 今から勉強するのが非常に楽しみです!!

ご回答ありがとうございました!



LastUpdate: 2012/12/04 01:35
qr-code
ソーシャルブックマークにおすすめ PoolLink top
copyright (c) plsk.net